昨年11月に行われた長池かいぼりにより、東京都絶滅種を含む複数の希少植物が再生した成果が東京新聞の一面および多摩武蔵野面に掲載されました!
驚くべき成果もさることながら、地域の皆さんと一緒に長い期間をかけて浅場の環境を整備したり、発芽した植物のモニタリングを続けてきたりした過程にも、大きな意義があります。
人と自然が共に時を刻み、世代を超えてバトンを繋いでいくことの奇跡。
植物たちの復活劇が、街の未来にまた一つ希望の光を灯してくれました。